忍者ブログ
プロフィール
HN:
+まめプロ+
性別:
女性
自己紹介:
ねこの背中にお弁当を乗せている者です。
『お弁当ねこ』をどうぞよろしく。




「お弁当ねこ」他まめプロ作品
お取扱い店舗

『ダヤンと猫雑貨の専門店
  猫や』
長野市「国宝善光寺」近く
水曜定休
信州ご当地限定
お弁当ねこ(おやき)販売中。


『ギャラリー幹』
京都市・二条城近く
火水定休
お弁当ねこ各種扱って
頂いています。

『ハンズビー福岡パルコ店』
福岡市天神パルコ新館内
福岡限定お弁当ねこ
(めんたいこ)販売中。

ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/04 ふぇれ]
[02/05 KAYi]
[09/15 ねこ一号(仮)]
[09/14 ねこ一号(仮)]
[06/04 ぽこ]
[214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さてついにB'zとの対面です。

efe96a2e.jpeg
















我ら当選者は係員に誘導され、謎の入口へ入れられました。
もちろん関係者以外立ち入り禁止区域です。

机と音楽プレーヤーしか置いていない、真っ白なお部屋。
10人がまっすぐ横に並べないくらい狭い。

今度は左から順に古い会員番号順に並ばされました。
このときまだお二人はおられません…。

お二人が来るまで少し時間がかかるとのことなので、
しばしスタッフのおねいさんと注意事項の確認と歓談。

部屋の内部と進行はこんな感じです。
※会場によって部屋の構造とか違います。
room.jpg


























左の人から前に進み出て対面、済んだら右に並んで1周すると終わり、
という流れを説明されました。
私は赤マルの4番目なので、自分の番まで裸眼で、その後すばやく
眼鏡をかける作戦にしました。

そしてついに左後方のドアからB'z登場!

最初は松本さんが登場!
M&Gってラフな格好で現れると噂に聞いていたけど、予想に反して
素敵な黒ジャケットにサングラス姿で現る松本さん。
えぇ~~このままライブに出てもいいくらいきちんとした格好!
(ステージ衣装ではなかったので私服と思われる。)

続いて稲葉さん登場!
ツアーグッズのパープルのパーカーを着てらっしゃる…。
間近で見る稲葉さんは、腰から下がめちゃくちゃ細い!
筋肉ムキムキなのにすごく華奢に見えました。

白バックで見るB'zのお二人は、すごくオーラがあって
目の前にいるのが信じられないくらいかっこよかったです。

あっという間に順番が来て、スタッフさんに名前を呼ばれて
前に進み出る私…。
「こんにちはー」と声をかけてくださるB'zのお二人…。
ふ…二人の視界に入って話しかけられてるよ私( ゚Д゚)!

「今日は長野県から来ました」と言って、持ってきた栗菓子を
稲葉さんに、栗焼酎を松本さんに手渡す。

「あと、イラストも描いてきたんです…」と死ぬ気で描いてきた
似顔絵を差し出す。
するとお二人が「ほ~うまいね~」と言ってくれました(* ´Д`*)
とくに稲葉さんの方が長い時間じっと手にとって眺めてくれました…
(無表情で。)

したらば「じゃあこれも一緒に撮りましょうか」と稲葉さんが
おっしゃるではありませんか!
ええぇ~~想定外の事態Σ(゜Δ゜*)
軽くパニック!

「じゃあお願いします!恋人繋ぎで!あれ、でも絵を持つとできないかな…?」
と言うと「大丈夫ですよ」とフォローしていただきました。

お二人の手は少しひんやりして優しい手でした。
写真にちゃんと手が写るように持ち上げてくれるのです。

撮影が終わり、稲葉さんと握手、松本さんとも握手して
「大好きです!」と言って私の番は終わりました。

そんなに会話らしい会話ではないですが、今までの思いを
全部詰め込んだ似顔絵を渡せて見てもらえたのはクリエイター
として一番うれしかったです。
栗菓子とかは他人が作ったものなので。

他の皆さんは、お手紙とか特産物とか、新潟なのでお米とか
贈っていました。
新潟のお国柄なんでしょうか…過剰にはしゃぐ人もなく、
皆おとなしく冷静だった気がします。

自分にとっては神に一番近いお二人…。
はしゃげる余裕などありません…。

自分の番が終わった後は常に眼鏡っ子だったので、見える見える
お二人の顔の構造!
松本さんは始終サングラスだったので、視線の動きはわからず。
「一度はずしてください」ってリクエストすれば良かったかな~(´ェ`)

最後に整列したとき、たまたま稲葉さんの真正面だったので
何度か目が合いました。(ライブ中と違ってこれは合ったと言って
いいはずだ)

この世のものとは思えないひとときでした。

解散したらもう開場していたので、入場したらS席なのに前から10列目!
今回は私の強運勝ち(;´▽`A

開演したら、さっきまであの狭い部屋に一緒にいたB'zが、あんなに
かっこよく登場している…。
今までにない不思議な感覚です。
ライブ中、ずっとフワフワしてました。

ライブが終わって、受付で写真とサインを受け取って、朱鷺メッセとは
お別れです。
この写真、なんという違和感でしょう…

スター 凡人 スター

っていう…

凡人は、神に挟まれた極限の顔をしています。
もはや直視できません…

でも一生の宝物です!

この記事を読んでくださったBrotherに幸あれ(´∀`)
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
はじめまして
今回、お友達の手作り作家さんのリンクから、飛んできました。ブログを読んでいてビックリ!!実は、このB'Zの楽屋招待の10人の中に、私の職場の息子さんが当選してお会いしたんですよ。(高校生の男の子です)私もB'Z好きで、ライブにも行ったりしているのですが、近場に2人もお会いした方がいるとは。実は今回その息子さんのお母様より、頼まれて私もお二人のプレゼントにと、羊毛フェルトでカエルがマイクとギターに乗っている作品を作らせていただき協力させて頂ましたが、いまだに信じられないです。でも直接お会いできるのは凄く良い思い出ですね。
羨ましいです。あまりにも嬉しくて、書き込みしちゃいました。
これからもがんばって下さい。
動流(いずる) 2012/01/10(Tue)21:17:03 編集
Re:はじめまして
いずるさん、はじめまして。「B’zファンなのに作風にロック感が全然ないね」と言われる私です(´∀`)
確かに高校生と言っていた男子がいたように思います。まわりにラッキーが渦巻いてますね!ファンとして自分が作ったものを直接渡せたのはスバラシイ経験でした。一人でも多く体験してほしいです。
【2012/01/10 21:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]